京都千年品質 the KYOTO 1000 years' Quality

「IOK Display Shelf」

日本では仏像を製作する際、木の繊維を壊さずに木材を割り裂く「鉈割り」という技法を使います。
今回その木材の断面の荒々しさに着目しました。
通常、表面材は機械で平坦に研磨するのが一般的ですが
鉈割りで生れる木の断面に生命力を表現する事に成功しました。
表面塗装は日本独自の漆を摺り込む「摺漆」という技法で独特の艶を持っています。
高級な商品を展示するショップ用ディスプレイ、大切な物を安置するリビング棚、ホテルなどのラグジュアリーな空間に馴染む収納棚と幅広い使い方が出来ます。
木が本来持っている生命力を感じていただければと思います。


In Japan, when making Buddhist statues, a technique called "machete splitting" is used to split the wood without breaking the fibers of the wood. This time, I focused on the roughness of the cross section of the wood.
Normally, the surface material is usually polished flat by a machine.
We succeeded in expressing vitality in the cross section of the tree that is born by hatching. The surface coating has a unique luster by a technique called "suri lacquer" that rubs lacquer unique to Japan.
It can be used for a wide range of purposes, such as a shop display that displays high-class products, a living shelf for storing important items, and a storage shelf that fits into a luxurious space such as a hotel.
I hope you can feel the vitality that trees originally have.






ホームに戻る



お問い合わせは、こちら

Contact Us




岩田宝来屋
TEL
075-392-5077
FAX
075-392-7168
所在地
〒615-8238 京都市西京区山田車塚町9-1
営業時間
平日 9:00~18:00 土日祝日 9:30~17:30
水曜日定休 ※祝日の場合は営業
ページのトップへ戻る